前回の記事で赤坂蚤の市の様子や出店されたお店を紹介してきましたが、今回はその中でも古着屋さんを詳しく紹介していきます!

中には実店舗を持たず、オンラインやイベントのみでしか展開していないお店もあるので、ぜひチェックしてください!!

イチオシアイテムも一緒に紹介していきます。

前回の記事はこちら→「赤坂蚤の市in ARK HILLS」8カ月ぶりに開催!

 

 

sinot.clothing

古着屋 sinot 赤坂蚤の市に出店時

古着屋 sinot 赤坂蚤の市に出店時

古着屋 sinot 赤坂蚤の市に出店時

古着屋 sinot 赤坂蚤の市に出店時

ワーク、ミリタリー、スポーツ、メンズウェアの基礎となる古着を中心に取り扱っているオンラインのみのショップです。

今期はヨーロッパの古着を中心に、 ジャンルや年代を問わずセレクトしているそうです。ヴィンテージ大好きメンズにはたまらない雰囲気のお店で、年齢関係なくお客様が入っていました。

 

イチオシアイテム

ヴィンテージモールスキンジャケット

ヴィンテージモールスキンジャケット

ヴィンテージモールスキンジャケットヴィンテージブラックモールスキンジャケット  [¥66000]

希少でワークウェアの中でも人気のモールスキン。しかもブラック!

適度な厚みとモールスキンならではの肌触りがなんとも言えません。そして芸術的でイケてるリペアが最高です。サイズも良い感じです。

 

実店舗はもっておらず、実際に見て触ってが出来るのはイベントだけ。オンラインショップにはまだまだ商品がありますので、ぜひご覧ください。

Instagram  online shop

 

The VINTAGING

赤坂蚤の市

赤坂蚤の市

ヴィンテージバイヤー歴17年以上で、デザイナーも務めるオーナーさんがヨーロッパやアメリカを中心に旅をしながら買い付けをし集めたアイテム達です。

個性が詰まった遊び心のあるアイテム達。どれもため息がでるほどツボなものばかりでした。

写真に写っているパッチワークのスクエアブーツはぜひ私が迎え入れたかったです。

 

イチオシアイテム

スエードパッチワーク ラムレザージャケット  [¥26800]

秋冬にぴったりのカラーで程よいパッチワークとファーの組み合わせが何とも言えません。ラムレザーは他のレザーと違い、軽いのが特徴です。しかも柔らかいので、体にフィットし馴染んできます。

がっちり上品にも着れますし、柄と組み合わせたり、アンバランスな感じで着崩してもかっこいいよな~とたくさん想像しちゃいます。

 

最近渋谷に旗艦店がオープンしたそうで、外観もおしゃれなのでぜひ足を運んでみてください。

東京都渋谷区富ヶ谷2-17-12

OPEN 14:00-20:00

closed on Thursday & Sunday

代々木上原駅、代々木八幡駅、駒場東大前駅から各徒歩10分

Instagram        online shop

 

SOAP OPERA

ヴィンテージショップ soap opera

ヴィンテージショップ soap opera

ヴィンテージショップ soap opera

ヴィンテージショップ soap opera

海外のヴィンテージショップを思わせるレイアウトにアイテム達、そしてマネキンがとても雰囲気を出してくるお店です。

ユーモア溢れる刺激的なアイテムが多く、カラフルでレトロな感じが好きな方にはたまりません。

 

イチオシアイテム

ヴィンテージショップ soap opera

BMW オーバーオールBMW ブルー オーバーオール  [¥19800]

鮮やかなブルーのこちらのアイテム。ポケットのワッペンが良い感じ。

ぜひ、大人の女性にかっこよくブーツと合わせてがっつりキメて着て頂きたいです。

 

以前は中目黒にお店があったそうですが、今はイベントが主。

実際に目で見て触って、アイテムを選べるのはイベントだけ!

ぜひインスタを覗いてみてください。

Instagram

 

Old Hanna 

一つ一つこだわりを持って集めたアイテム達。

ジャンル問わず、希少なものからユニークなものまで取り扱っています。

ナバホアクセサリーが充実しており、40年代から今っぽい現行なものまで幅広く展開しています。

 

イチオシアイテム

スーベニア ジャケット  [¥110000]

無地のサテン地はよく見かけますがこの柄はっ!?とびっくりしました。

刺繍もカラーリングも柄も文句なしの1着です。

写真のようにあまいふわっとしたインナーやボトムスと合わせて甘辛なコーディネイトに挑戦したいです。

 

年明けごろに表参道に実店舗をオープン予定だそうで!

ぜひ、注目していきたいです。

Instagram  online shop

 

yu:yu

直接ヨーロッパで買い付けをしたアンティークのレースやシャツをリメイクしているお店。

生成とミリタリーを組み合わせたアイテムは、やわらかくも少し強い。

そんな絶妙なリメイクアイテムでした。

今では受注生産ラインも立ち上げています。

2004年に立ちあげて今年で16年目ととても長くファンもきっと多いはず。

店内は終始忙しそうで、イチオシアイテムは取れなかったのでぜひオンライン、SNSご覧ください!

Instagram  online shop

 

otanishop

赤坂蚤の市

ドイツやフランスものを中心としたヨーロッパ古着とワークウェアを取り扱っています。

ひと手間加えたユーロらしいデザイン性の高いものが多く、年齢関係なく着れちゃうアイテムばかりでした。

ジャンルも豊富でメンズ・レディース共に楽しめるショップです。

 

イチオシアイテム

70’s インド綿 ワンピース  [¥31800]

色味が最高の一枚で状態も完璧です。

襟元のデザインが珍しくて、こういう小細工しちゃうところに惚れちゃいます。派手すぎないのでどの年層にもぴったりハマると思います!

 

サイトには、アクセやオリジナルのTシャツやトートバッグの取り扱いもあるのでぜひチェックしてみてください!

Instagram  online shop

 

SIRTURDAY

赤坂蚤の市

ヨーロッパ各地で買付けたビンテージ古着やタイ、シューズやハットなどを展開しているお店です。

洗礼されたアイテムやデザインのものが多く、ヴィンテージをキレイめにすっきり着たい方にぴったりのお店。

シューズやトートバッグも扱っていました!

 

イチオシアイテム

ソビエト ミリタリーコート  [¥29800]

ソビエト軍自体が出回りが少なく、その中でものコートは初めて見たかもしれません。とても希少ですね。

しかも形・サイズがメンズに最高です。

 

実店舗があるのでぜひ足を運んでみてください!

東京都文京区本郷3-33-3 本郷ビル4F

Instagram  online shop

 

stock

赤坂蚤の市

赤坂蚤の市

ヨーロッパ好きの店主が、貯蔵したアイテムをセレクトしたお店です。

衣類、雑貨など機能的で実用的なアイテムが並んでいました。

 

イチオシアイテム

フランス軍 20~30’s ハンティングバッグ  [¥18000]

およそ100年前のこちらのハンティングバッグ。

ヴィンテージならではの味が出ていて雰囲気は抜群です!

ここにたどり着くまでの間の物語も気になってきます。

 

stockはSNSなどは無く、イベントのみ出店しているという感じでなかなか出会えないので蚤の市をぜひチェックしておきましょう。

 

orlo

赤坂蚤の市

ヴィンテージディテールを取り入れながら新しい感覚を組み込んだ、ユニセックス展開のニットウェアブランドです。

またヴィンテージも取り扱っています。上質なニットとヴィンテージを合わせて着たくなるようなデザインでとてもうまく調和していました。

 

イチオシアイテム

50’s swiss vintage デニムオーバーパンツ  [¥22900]

とても状態が良く、程よい色落ちに魅力を感じます。

サスペンダーを付けて爽やかでシックなスタイルで出掛けたいですね。

 

実店舗は持ってなく、オンラインショップとイベントのみです。

またニット以外にもオリジナルブランドがありますのでぜひチェックしてみてください!

Instagram  online shop

 

adequate

ヴィンテージの生地やパーツを使い、鞄や帽子を制作しているお店です。

ヴィンテージ特有の良い意味でのヨレ感、使用感、味がそのまま反映されているので、実際にこの姿で使われてきたような雰囲気をもっています。

すべて手作業で独特な空気感が出ていました。

個人的に帽子が大好きなのでとても盛り上がりました!!

 

イチオシアイテム

40’s コーデュロイ リメイクCAP  [¥13800]/ハンドメイド ハンティングジャケット  [¥42000]

40年代のコーデュロイ生地を使用し、作成したキャスケットと、昔の製法で織られ作られた生地で一から作ったハンティングジャケットです。

妥協しないこだわりで繊細な技術と、生地でヴィンテージの雰囲気が漂いながらもキレイなアイテムです。

 

実際に手に取るとその良さがより実感できます。

online shop

 

蚤の市でぜひ実際に見て感じて

いかがだったでしょうか。

ヴィンテージショップといってもそれぞれに色があり、こだわりのアイテムばかりでした。

気になるショップがあればぜひ蚤の市で、SNSで、オンラインショップでご覧になってください。